久寿里産

備忘録

初の根だしに挑戦中のオークション経由のヴィリィディスさん。

根らしきものは到着後すぐ出て来たんですが、2頭続きのため根より先に本体の方が先に土に接地してしまうので真ん中に土を寄せ集めてみたりしたんですがあまり根が活動しているように見えませんでした。

そしてこの上の方にも根が出て来ていたので、2つに分けたいと思う反面もう少し落ち着いてからの方が良いのかしらと思ってみたり。

先日、同じ出品者さんの白雪ミセバヤを競り落としたので取引きのときにどちらが良いのか聞いてみたところ分けても大丈夫とのことだったので決心して分けてみました。

ピクチャ 9 ピクチャ 12

なかなか切れず、やっと切れたと思ったらもう一方の根も一緒に切り分けてしまいました
改めての根だしとなってしまいましたが、上手くいってくてるかなぁ。
ウチに来たときは葉っぱが大きくピンと張っていたカシミアヒントニー。
ブログで見ていた他の方が育てているヒントニーと姿が違うと思っていましたが、脇芽がムクムクと大きくなり最近ではモコモコの可愛い姿になってきました

ピクチャ 21 ピクチャ 22

可愛い~♪けど、この先蒸れには気を付けた方がいいのかな。

ピクチャ 23
今ぐらいが膨らみマックスかな?ってかこれ以上になったら割れちゃいそう

ピクチャ 11 ピクチャ 9 ピクチャ 10
色以外そんなに変化してないと思っていた姫秋麗。

ピクチャ 7 ピクチャ 8

過去の画像をみたらもっと葉っぱのカタチがシャープでした
ウチのウンブラティコラたん、中々子吹きせずにひたすら上へ上へと生長していました。
冬の間から切りたくていたかったけど少し暖かくなるまでガマンしていましたが、先日とうとう切ってしまった。
初切り~

ピクチャ 21 ピクチャ 22

この下の方は新芽っぽいのも出て来たし葉っぱもプリプリ。
でも上のほうは芳しくないないのよねぇ。
ウチに来てから約一ヶ月半経った小型水玉竜鱗

ずっと葉っぱの真ん中がペッコリへこんだままなので、水やりを増やしたいけど徒長したら嫌だなぁと少しずつ加減をみていましたが最近になってやっとふくらんで来ました。

ピクチャ 18 ピクチャ 19

高くなった気がしていたので、徒長か?と思っていたんだけど過去の画像をみたら葉っぱが増えたからだったみたい
4日の日曜日、母に誘われて地元の洋蘭展示会の最終日に行ってきました。
今年で9回目、地元でもこのような展示会が行われていたことを初めて知りました。
来年からはちゃんとチェックしなくては

ピクチャ 8


で、入り口近くに設置されていた販売所にあったミニカトレア。
このような濃い色をしたのって見たことがなかったので興味があったけどお高かったのでスルーして展示品を見て回りました。
そうして見て回り蘭良いなぁとテンションが上がっているところで、再び販売所にてスタッフの人が他のお客さんにこのカトレアについて説明しているのを横で聞いているうちにやっぱり欲しくなって買ってしまいました。

ピクチャ 11

でも、今回は普通の店舗で買うよりも色々説明も聞けたのでそれでチャレンジしてみようと思えたんだと思う。

<忘れないうちに覚え書き>
・このミニカトレアの植え替えはあと1年はしなくても大丈夫
・水苔は良い物を使うこと。茶色いのが多いのはあまり良くない
・開花株よりも蕾の状態で買ったほうが、環境の変化に慣れ易い(これを聞くまで逆に考えていたので目からウロコ)
ウチにある蘭の状態についても原因を教えてもらった♪
・デンドロは温度が高いと高芽になってしまう。霜が降りるまで外で管理していい


翌朝になったら蕾が開花し始めてました(思いっきり逆光)夜になったらほぼ全開になってました。

ピクチャ 14 ピクチャ 15

この花が終わったら次も花が咲かせられますように。
コツが掴めたらラン栽培も楽しいだろうな~。
4月に入り窓辺に居ればお日様もポカポカと気持ちよくなってきました。春ですね~。

と、嬉しい反面、植物たちの冬仕様ともそろそろお別れ、、、
私はこの子猫の爪のこねこちゃんのほわほわが好きなんですが、これからの新芽はきっと短毛になってくるでしょうねぇ。

ピクチャ 6

ま、なんにせよ春夏秋冬を感じられるというのは良いですね。


因みに株全体の姿はこんなカンジ。暖かくなれば葉っぱの生長のスピードもあがる事でしょう

ピクチャ 4 ピクチャ 5