久寿里産

備忘録

「つ」です
もとい「緑の鈴錦」です。

これがぐるぐると蜷局を巻くようによるか、消えてしまうかは私の腕次第!?

ピクチャ 33


緑色のところが思っていたのより濃いんですね。
葉っぱも普通の緑の鈴より小さいのは個体差なのかな?

ピクチャ 34

こうして見ると今まで普通に緑色だと思っていた緑の鈴の色がかなり薄く見えます。

以前、値段が高くて買うのを諦めたカシミアヒントニー

他のかたのブログで見かける度にいいなぁと思っていましたが、思い切って買っちゃいました♪
だって、前見たとき品切れ中だった緑の鈴錦も販売中だったもんで今を逃したら今度いつ会えるか判らないし~

ピクチャ 30 ピクチャ 31

モサモサのお毛毛の地肌は結構濃い緑色なんですね~。

最近、同じセダム属のオローロラや乙女心をこじらせてしまっているので気を付けていかなくては。。。


それにしても名前の「カシミアヒントニー」が長いなぁと思います。
「カシミア」とか「ヒントニー」だけにしたら別物になってしまうし。。後は別名(?)の「新ヒントニー」か。
そうしたら「ヒントニー」も並べたくなっちゃうじゃないかー^^;
昨日の月兎耳に続いて今日は姫月兎耳の様子

ピクチャ 26 ピクチャ 27

前回の写真の鉢が違うので比べにくいですが、この姫月兎耳も月兎耳同様あまり背は伸びていないかなぁ。
そして葉の密集度が低くなっている
冬の間はなんで?ってくらい下の葉っぱがポロリ、ポロリと取れていた月兎耳

暖かくなって葉っぱが取れる事も無くなり一安心。
新芽が大きくなるよりも葉が落ちる方が多かったのであまり生長した実感がなくそんなに変わっていないだろうなぁと思っていましたが、夏が終わったら劇的に変わってるかも~なので現在の記録

ピクチャ 28 ピクチャ 29

過去の記事を見たらウチにやってきて8ヶ月近く経っていましたが、背丈はあまり替わりが無いようです^^;
葉っぱのフチは最初の頃より色付いて色見だけはオトナっぽくなったかな~。

まぁ、月兎耳さんはびろびろに徒長するよりも今の状態の方で私的には無問題でし。

綺麗なロゼットでお気に入りの「たぶん紅化粧?」さん
4月頃には花芽だか脇芽だかが出て来てどうしようか狼狽えてしまいましたが、結局切れる程度まで生長させた後切ってしまって一安心だったんですが、、、

葉っぱが次から次と今までに無いくらい枯れてきてなぜだろうと思っていました。

何がいけないのか、どうしたら良いのかわからずにいましたが、やっと原因らしきものがわかりました
根っこが溢れて鉢の周りを囲むように土の上に出てきていました


と、いうことで少し大きめの鉢にお引っ越し~。
根も少し整理したしこれで元気になってくれるかなぁ?

21年4月撮影        21年7月撮影
紅化粧?21.4.5  ピクチャ 19



ちなみに横から見るとこんなカンジです。
 
ピクチャ 18
切りたい気もするけど、何処から切ったらバランスがよいのかわからないのでこのまま大きくしてみるのも一興かと思ってマス^^;

暖かくなって来て新芽の活動が感じられるようになった他の多肉さん達に比べて、ウチの虹の玉は未だこんな状態で、、、^^;

ピクチャ 15

それでも根元に可愛い新芽を発見して気を良くした飼い主は乾燥させないように以前より霧吹き頻度をあげてみる事にしました。
ついでに全体に霧吹きかけてもう少しワサワサになってもらいたいなぁ~っと。

この鉢の植物三つはみんな買った他の鉢に紛れ込んでいたものです。

最初は双葉しかなかったのにココまで大きくなって嬉しいです
特に中心の二つは同じような特徴なんで同種かと思いますが葉に切れ込みが入ってそこに斑点もあって、、、と、ネットで似たような画像を探して胡蝶の舞か不死鳥とかの子宝草あたりかなと思っていました。
って今改めてネットで確認したら胡蝶の舞はカランコエの仲間だと認識していましたが、子宝草もカランコエだったんですねぇ。

ピクチャ 12

で、私は子宝草系の葉の周りにみっしりとついた様子が苦手でできれば胡蝶の舞だったらいいなぁと思っていたんですが、出て来たんです。

ピクチャ 11

あ~ハカラメ!そうですかぁ。まぁ縁起の良い植物と言われているし、本当に葉の周りに出て来るか楽しみに育てたいと思います♪


同居している一番のチビッコまん丸の葉で周りが白いというか透明で、これも何なんだろうなぁ。今後が楽しみ♪
5月に買って来たオーロラ
下の方が次から次と枯れて(腐って?)とれてしまい、根元がよく見える状態になってしまいそのときになって根元が黒くなっているのがわかりました

と、いうことで何ともなさそうな所で切って現在乾燥中

ピクチャ 13

こういうの初めてなのでこの先どうなるのか~?
エレガンスの葉っぱは2枚づつ対になって出てきていたんですが今回のチビ芽は真ん中に1つ。

うふふふ~やっぱり花芽かな~♪どんなのが咲くのかな~。

ピクチャ 3

写真は今日の状態ですが、気付いたのは6月も末頃。コレが本当に花芽だとして咲くのはいつ頃になるのかな。
古紫をこんな姿にしてしまう人は滅多にいないと思われ…

だって前回多肉植物を初めて葉焼けさせてしまって「こりゃいかん!」と大事にあまり日のあたらない所でずっと養生していたんですもの。。。


全体がミドリな古紫です~

ピクチャ 8 わ~い^^;

ついでに徒長ぎみな横からも どん

ピクチャ 9

こんなんなっていても全然気にしていなかったんです。こういう物なんだと。
だけどそう言えば茶色になるのっていつ頃なんだろうと改めて古紫を検索してみたら「全然育てるのに手がかからなくって勝手にこんな姿に♪云々」と言うような記事をアチラコチラで読んであぁそうだったのかと気付いた次第です^^;

置き場所検討しなくちゃなぁ