久寿里産

備忘録

百鬼夜行抄(17) 10月7日
おひとり様物語(1) 10月10日
結界師(22) 10月17日
大きく振りかぶって(11) 10月23日


今月は色々買うのあるなぁ
8月に初通販でやって来た多肉さんたち。
それから1ヶ月半、あまり変化が感じられないものもあれば生長の様がわかる多肉さんもあります。


この姫星美人(ブレビフォリウム)は最初の頃より増えてきました♪
まずはこの鉢を覆うくらいにはなって貰いたい所ですが、これからの冬でどうなってしまうのやら。。。?

ピクチャ 32

謎の葉っぱも大きくなってきました。
なにげにこの葉っぱも切れ込みが入ってたりして可愛かったりします^^
わさわさの子猫の爪に反してコチラはすかすかとなってしまった雅楽の舞

ピクチャ 30

ネットで検索して出てくる様々な「雅楽の舞」と姿を全く異にしてますのぅ。。。

ずっと前に買ったときも、買った直後がピークでその後下降線をたどってダメにしちゃっていたら気を付けていたつもりだったんだけどなぁ。
それでも最近新芽が出てきたみたい。茎もしっかりと硬さがあるようだし持ち直してくれればいいんだけどな。


調子が悪くなってきたと感じた8月上旬のときと比べてもかな~り葉っぱの数が減っちゃいました。

ピクチャ 31



今んトコ順調に生長を続けてくれている子猫の爪のこねこちゃん�G���������͂��Ă�������
前回記事にしたときよりも葉っぱが増えてわさわさぎゅうぎゅうに♪

くふふ、、、可愛いヤツよのぅ。もう少し寒くなったら爪の先も色付いてくるのかなぁ♪

ピクチャ 23


と、喜ばしい事ではあるんだけど、この先それぞれの葉っぱが大きくなれるのかぁ?という不安も。。。

ピクチャ 24


ウチに来てから今までは窓枠のトコに置いて日中は窓を開けて通風を確保していたけど、冬になったら窓開けは厳しいんだよなぁ。。。
他の多肉もそうだけど、初めて迎える冬でどうなってしまうのか不安でもあり興味津々だったりします。


ピクチャ 25
前回記事の画像と同じ角度からの写真。根元の葉っぱが密になったようです。
上の写真と同じ蛍光灯下なのに色味が結構違う風になってしまった。私で陰になり過ぎたのかな。

多肉ブロガーのみなさんが100円ショップでも多肉を買っているみたいだったので、私も100円ショップに行く度にチェックしていました。
でも、今まではピンとくるのが無かったんですが、今日見たこの白い棘のサボテンが可愛いなぁと1つ買ってみました。


マミラリア属 プルモサ
(札にはアミラリアとなっていましたが「マ」が正しいみたいね)


もっと周りにびっしりと子株が出たのもあったんですが、どういう風に生長するかわからなかったので、少し隙間のあるこっちにしてみました。
トゲトゲのサボテンの子株ってぎゅうぎゅうでもちゃんと生長するんですかね?というかむしろそっちの方が良かったのかしら?


ピクチャ 20
ウチに持って帰る間に子株がとれちゃったみたい差したら着くのかなぁ。
ピクチャ 21

ねっとで調べたら美人さんですね~♪
ウチのもそうなるように育てられますように。。。
まずは休みになったら植え替えですな。
こちらも葉が肉厚で多肉植物っぽいけど、育て方を調べてみると多湿を好むみたいなのでやっぱ違うのかなぁと思っている植物です。


パイナップル科クリプタンサス属(クリプタン「ツ」ス属としているところもあるけど…)


チランジア(エアープランツ)もパイナップル科ですね。私はチランジアを水のやりなさ過ぎで枯らしたことがあります。可哀想なことをしてしまいました。。。
ちなみにウチのクリプタンサスは年中室内で週一回の水やりです。

クリプタンサスも色々を種類があるようで、ウチには可愛い色のピンクのと赤いのがいます。(種類によっては恐竜みたいのもいるんですよ)
ピクチャ 17多分「ピンクスターライト」
ピクチャ 14多分「レッドスター」

おかげさまでウチとの相性が良いみたいで増えまくりです、買ってきたとき(平成17年11月)はピンクは2株、レッドは1株だったはず。
鉢のカタチがそれを物語ってます^^ はい、ずっと植え替えてないのですの。


ピクチャ 13
ピンクはコチラからの方が色がよく分かりますかね。

ピクチャ 15
中心に見える白いのが多分「花」です。
なんたって名前がクリプト(隠れる)アンサス(花)からきているそうなのであまり「はな~」という主張は感じられないです^^;
で、子株がこのようにぎゅぎゅ~っと生えてきます。これが生え変わりの乳歯のようにちょっと捻ると簡単にとれてしまいます。

ピクチャ 16
根っこが無くても何ヶ月もこの状態です。それにしてもこの鉢はあまり良い状態ではないですね。葉っぱが硬くて反っているので、ちゃんと土に埋まっていないのかも。

「ハナスベリヒユ」
 別名:ポーチュラカ、ヘラマツバボタン、ヒロハマツバボタン
 ウチではポーチュラカと呼んでいます。

スベリヒユ科スベリヒユ(ポルツラカ)属

花色は白、黄色の他にピンク系の色合いで数種類あり、可愛らしいお花を咲かせます。
花は一日で萎み、数日経つと簡単に茎から取れます。

本来は多年草だけど日本では冬の寒さに耐えられないため1年草とされているそうです。

ピクチャ 9


雅楽の舞がポーツラカリア属と似ているんだけどイコールと見て良いのかしら?
ちなみにウチの雅楽の舞すこぶる調子が悪いです。。。各茎の先に葉が4枚あればいい方で。水が欲しいのか、過剰なのか判断がつきません。
ネットで見ると育て易いとされているのにねぇ。

ウチに元々いた植物で「多肉植物」とは意識していなかった(多湿には気をつけてた程度)けど、なんだか多肉っぽいなぁと思う植物です。


スベリヒユ科「レウイシア」
ピクチャ 9

うっ現在なんともみすぼらしい姿になっていますが、これでも復活してきたんです。
毎年春先になるとピンク色のかわいらしい花を咲かせてくれました。
今年も花は咲いたんですが、その後どんどんどんどん葉っぱが枯れていき、、、もうダメだなと思っていました。
そうしてとうとう中心部しか緑の部分が無くなってしまって、全部が黄色くなったら捨てようと思いいつも見ていたらその葉っぱが生長してきていたので、おぉ!?と思いましたよ。

そういうことならと、植え替えて毟れる葉っぱは取り、取れない葉っぱもカットして現在に至ります。
元々あった葉っぱはこの鉢のふち位の大きさはあったと思います。

ピクチャ 10

茎?というか葉の付け根が結構太かったです。
土は今まで同様、園芸培養土で植え付けました。


去年の画像があったので、参考までに…
レウイシア/花 レウイシア/蕾