久寿里産

備忘録

土曜日、22日発売の漫画本を買いに行ったらまだコチラには入荷されていないようでした。(_ _。)・・・シュン

ただ、その本を探して書籍の棚を見ていたら懐かしい題名の本が表紙が見えるように置いてありました。でも確かに昔買っていた本なんですが表紙に見覚えがありません。帯には「最新刊」の文字があるけどここは小さな書店なのでいつ入った物なのか疑わしいので発刊日を確認(今時珍しく本にカバーがかかっていない店なんです)したらば、2007年3月10日初版となっていましたよ。さすがに1ヶ月以内に買った本くらいは覚えている(つもり)ので確実にこの本はまだ買っていないと判明。

正直、今までの話が既にうろ覚えだったんですがこの本で「完結」だそうなので買いました。

で、帰ってから調べたら前の巻が発売されたのは1996年の7月でしたよ~。
そりゃ忘れてしまいますよ。でも、気が付いてヨカッタ~。


ちなみにこの本とは1ポンドの福音です。
作者は高橋留美子先生でこの時期は週刊少年サンデーで犬夜叉を連載をしていてたまにヤングサンデーで1ポンドの福音を掲載していたみたいです。
高橋先生の本で人魚シリーズというのもあります。
こちらもゆ~っくりペースで私の知る限りでは3冊出ているんですが、3冊目を読んだ事無いと思って買ったら実は読んでいたということがあったので、今回は慎重にやりましたよ。
今日はコンビニ受取りで「百鬼夜行抄」15巻と「PLUTO」4巻を受取ってきました。
なかなか本屋に行けない身にとってコンビニで受取れるのは、ホント便利な世の中になって良かったな~っと思います。

まずは「百鬼夜行抄」を読みました。
律君前よりちょっと(見た目が)大人になった気がしました。作者さんはそこも意識して描かれたのかな。
あまりホラー過ぎるのは苦手なもんで恐さ加減も私には丁度ヨカッタです。守護霊のおばあちゃんがお願いしているところは思わず笑ってしまいました。
今回はあまり司ちゃんも青嵐も出てこなかったのが残念~。
PLUTO 12月
結界師 1月18日
百鬼夜行抄 1月23日
おおきく振りかぶって 1月23日

キャリアこぎつねぎんのもり 2月19日
のだめカンタービレ 2月13日


前の巻から間が空くと発売されているの忘れちゃうのよねぇ。